AkikoMiura daily life

日々の出来事をおもむくままに綴っていきます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

われもこう  

DSC_7890.jpg
台風が秋を運んできてくれました。

早生の稲穂は金色の実を結び

その土手にはわれもこうの花が咲いていました。

花屋で売っているわれもこうはどこか人工的なにおいがするのだけど

自然に咲いているわれもこうは、

本当に素朴でのどかな気持ちになります。

DSC_7708.jpg

7月に生まれた真新しい命。

当たり前なのですが、人の姿形をしていることに

感動するのです。当たり前なんだけど!

一つの細胞がどうして、

この澄んだ瞳をつくったのか、

このかわいいあんよをつくったのか、

このからだをつくったのか、

もう神の領域というしかありません。

では、神様はなぜ人間をこの姿形にしたのか、

なぜ人間をつくったのか、

素朴な疑問が沸き上がります。

もしかして、新しい命のこの子は知っているのかもしれませんね。


ところで、自然なお産にこだわっていた私。

戦後の欧米化、そして不必要な医療介入で儲けを考える人などが

見え隠れするお産業界を知って

原始的な動物的なお産をしたいなあ、と願っていました。

でも、第一は我が子の命、

命にかかわる危機により、緊急帝王切開での出産となりました。

それでも、今この手にこの命を抱けることが

なにより大事であることに気づかされたのです。

こだわったことに後悔はないのですが、

こだわっていたことは、とらわれていたのかもしれません。

ブッダが説いた煩悩のひとつ。


自然、自然と言っているほうがよっぽど不自然だということを

今回の出産で実感させられました。

この経験で、とらわれない心を持つことと

根本的に柔軟な考えに少しなったかな、と思います。



今は、赤子との暮らしの中で、

感じることを大切にし、

また器に表現していきたいと思います。





スポンサーサイト

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yumejigama.blog.fc2.com/tb.php/119-6ac445a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。